忘れゆく日々と変わらない景色に。


by luce-di-candela

カテゴリ:book,music( 7 )

シンプル&ちょこっとデザイン おんなの子服おとこの子服

画像がないのですが、polka dropsさんのサイトには
ちょこっと紹介されていました。

前作を買ってから、本格的に子供服を作り始めた私。
シンプルなデザインで、作りやすいのでとても重宝しています!
なので新刊もとっても楽しみなのです。

うちには男の子はいませんが、プレゼントしたいときなどに
男女共用のデザインがあれば、とても便利なんですよね。
型紙うつす手間とか(笑)
[PR]
by luce-di-candela | 2011-04-10 14:25 | book,music
ロックミシンで作る毎日のおしゃれ服

ロックミシンで作る毎日のおしゃれ服

ロックミシンで作る毎日のおしゃれ服
著者:山田ルリ子
価格:1,155円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



こちらの本は、どこかのブログで良いというコメントを見て
大人の型紙を持っていないし、買ってみようと思い注文しました。
サイズ補正しなくちゃいけないのですが(それはどれでも同じ)
20点以上載っているのがお買い得に思えたのです。

そして、一番の決め手が説明に載っているミシンの機種が
自分が持っているものだったこと。
私の使っているのは ベビーロックの衣縫人ですが本で説明されるときに
よく使われています。
ふらっとろっくのことも載っていたのですが、こちらは欲しくてもちょっと
予算が…!なので、読み流す程度です。


あと、本屋で発見して嬉しくなり買ったのがこちら。

Rick Rackロックミシン基礎BOOK

Rick Rackロックミシン基礎BOOK

Rick Rackロックミシン基礎BOOK
著者:御苑あきこ
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



こちらもロックミシンの本ですね…
やはり、基礎です。
私はいつになったら基礎から抜け出すのでしょうか!
こちらの型紙は子供服なので100cm〜
娘用には来年あたりから活躍するのかな?と思ってます。

シンプルなTシャツなどは、色んな本にも載っているので
この辺は一度作ってみて着せたラインを見てから、どれにするか
決めようかなと。
[PR]
by luce-di-candela | 2011-04-10 14:21 | book,music
c0153588_11121462.jpg


場所 和歌山市民会館大ホール
日時 9月30日

c0153588_11123259.jpg


私の今年の運を使い果たしたのではないか!!と思うくらいの良席。
なんと、前列から3列目!!

もう、ステージ上の葉加瀬氏の表情がすごく見える位置でした。
すっごい汗だくになって演奏している姿や
曲に入り込んでいる?表情など…
すごいね、アーティストって。

今回、20周年ツアーなので楽しい感じの内容でしたよ。

まず、始まりは舞台上に登場ではなく
客席後方から、バンド全員がチンドン屋みたいな格好(じゃないけど)
あぁ、鼓笛隊の方が合ってるか。
とにかく、皆さん、いつもの楽器じゃなくてリコーダーやら
吹きながら登場!

しかも、その曲は適当っぽいのに「新曲」でした。
「March "My Twenty years of Music"」という
アルバム最初の曲です。

★ご当地ソング作曲
★突然☆バイオリン教室 with 葉加瀬バンドとエトピリカを演奏

という、参加型のコーナーもあり。

今回、ご当地ソングは、「和歌山」を暗号化して
曲を作ろうということでした。
アルファベットに変換して、それを音階に当てはめていくやり方で
「WAKAYAMA」は、とっても暗い音ばかりでしたよ!
それを使って、ワルツ調のシャンソン調の…笑

「山為食堂」のテーマソングとしてぜひ★
※今回は山為食堂でこってりラーメンを食したそうです。
何だったっけ、「麗しの山為食堂」?

ほとんどアルバムからの曲ということで
セットリスト分かりませんが…
お決まりの”情熱大陸”をラストに演奏して、終了。

そのあとアンコール。
朝の連ドラ”てっぱん”のオープニングの「ひまわり」を演奏。
一面に広がるひまわり畑を背景に演奏でした。
新曲ということでプロモ目的もあったんでしょうけど
「アンコール」なのに映像まで用意した曲をやるのはどうかと…と
ゆりさまと言いつつ…

場内、ちょっと年齢層高めでした。
あと、意外にもお子様もたくさん。
あれは親がファンなのか、バイオリンを習っているのか
どちらにしても、小さい頃からコンサートに連れて来てもらえるって
幸せだよなぁ〜

最後に握手をして頂きまして
「ラーメン食べれて良かったですね」という
しょーもない会話をしました。
○三かと思ったのになー
[PR]
by luce-di-candela | 2010-10-02 11:13 | book,music

「冷凍保存」にハマる…

c0153588_21495111.jpg


こんなの見つけたので買ってみました。

冷凍保存節約レシピ―無駄なくスピード・クッキング! (実用BEST BOOKS)

ちょっと、この帯が恥ずかしかったですけど…
「節約本」でNo.1ですか。すごいなぁ。

私は「節約」を意識しているわけじゃなくて、買い物下手なんです。
冷蔵庫でしなしなになっていく、野菜類を助けるために買いました。
(さっさと食べればいいだけの話ですけど)

市場に行くのは楽しいのですが、食べる宛もないのに
カゴにどんどん入れてしまいます。
この本は、色んな素材の冷凍方法がたくさん載っていたから買いました♪

コトのはじまりはこの雑誌から。

ESSE (エッセ) 2009年 05月号 [雑誌]

こちらに冷凍保存のことが載ってたのです。
前から気になっていたので買ってみたら、目からウロコ状態(笑)
こういう雑誌って、いつかは捨ててしまうので切り抜こうかとも思ったのですが
面倒になって、ちゃんとした(?)を買おうと思ったのでした。

野菜もお肉も、生きてたものなんですからちゃんと食べないとね。。。
[PR]
by luce-di-candela | 2009-05-01 21:59 | book,music

料理に目覚めた?

c0153588_1915048.jpg


作っておけるおかず―作っておけば、いつでも安心、いつでも便利。材料、ムダなく使いきり。 (レタスクラブMOOK)

本屋で見つけて、思わず手に取ってしまったのです。
私はすぐに食材を無駄にしてしまうので(笑)
これは保存期間が書いてあったから、使えるかもと期待♪
カロリー表記はあるけど、塩分の表記がないのが残念。

c0153588_1921924.jpg


栄養と料理 2008年 11月号 [雑誌]

塩分を控えるように言われてるので、糖尿病ではないけれど
(多分、予備軍だと思うけど)
こんな本も買っちゃいました。
意外と安かったので¥680。

旬の食材のメニューもいっぱい載ってて、塩分も表記されてました。
いつもはオレンジページやレタスクラブだったけど
たまにはいいかも。

これから先、ずーっと何かを料理してご飯を食べるんだから
栄養や旬の食材の調理方法とか、そういうことに詳しくなりたいな〜。
栄養学を勉強してみようか?なんて、話しています。

そんな今日のおやつは、スターバックスのチョコレートトリュフ。
めっちゃ甘くて温かくて、寒かったからニットジャケットを着ていった私には
熱すぎました。
塩分が…とか、カロリーが…とか、言ってる割に好きなもの食べてる私(笑)
[PR]
by luce-di-candela | 2008-10-14 19:18 | book,music

Presents/角田光代

c0153588_1024765.jpg


図書館でジャケ買い、じゃなく、ジャケ借りした本。

それもそのはず、イラストは松尾たいこさんでした〜♪

タイトルのように”プレゼント”がテーマの短編集です。
私はどれを読んでも、ほろりとしました。
”名前”の意味に改めて気づいたり、ずっと昔に母親が買ってくれたお鍋を
大人になっても大事に使い続けていたり。

なんだろう、きっと誰だってこの本に入ってる話のどこかに
共感したり、自分と置き換えて読んでしまうだろうな。

「モノより思い出」というCMのキャッチコピー。
本当にそうだって思いました。
何気ない日常が、どれだけ幸せなことか、大人になってやっと分かった気がします。
たとえプレゼントされたモノが壊れたり、無くしてしまったとしても
自分の中には思い出として残っていくのだから。
[PR]
by luce-di-candela | 2008-07-11 10:10 | book,music
c0153588_9534892.jpg


2枚組のアルバムを買いました。

私が彼女にハマったのは、”Under Rug Swept ”の頃。
どうやって知ったのか、覚えていませんが、とにかくお気に入りでした。
英語なんてわかんないのにね。。。

その後、ライブにも行ったり♪
洋楽だから、すぐチケットもとれてビックリしました。
最前列の一番すみっこがあいてたけど、最初に予約した12列目でも
充分近い距離で満足。
初めて見た、洋楽のライブはちょっと緊張もしましたが(MCがわからなくて)
知ってる曲を生で歌ってくれてること、あんまり彼女のことを知らなかった私にとって
目の前で歌って動いてる彼女が見れたことが嬉しかったです。

さてさて、このアルバム。
輸入盤を買ったので訳がありません。
なので純粋?に、曲だけで好き嫌いの判断になってしまいます。
全体的に、聞きやすい雰囲気のアルバムだと思います。
[PR]
by luce-di-candela | 2008-07-11 10:01 | book,music